アレンジ自在。ゆえに….


こんにちは(な)です。
自主公演が近づいてきましたー。

今回は、ガムランのアレンジ自在な面を、森重さんが解説してくださるコーナーがあります。
で、デモンストレーション演奏をどのようなアレンジにするとわかりやすいか、アレンジ自在だからこそ試行錯誤中。練習のたびに進化しています。

また、ワヤンの登場人物で、運命に翻弄されながら生き抜いた強く美しい女性「バヌワティ」のテーマ曲は、すでに現地でも殆ど演奏される機会のない超古典曲。アレンジの多様さに翻弄されました。やはりワヤンの曲は一筋縄ではいきません…..最後に恩師のアレンジに落ち着きつつありますが、ううう、メンバーを散々振り回してしまい、打ち上げでお酒を注いで廻る所存です(真面目)。

舞踊曲ガトゥコチョ・ガンドロンにも、今回特別にアレンジされた部分があります。リアントさん扮する、空を飛ぶ超能力をもつ武将ガトゥコチョの、何とも豪快な飛びっぷりにご注目ください。

年に一度の自主公演、妥協せず練り上げ、新鮮な気持ちで、感謝を込めて演奏をしたいと思います。

写真はバヌワティと旦那様、そしてその取り巻き達です。折田美木さんの人形操作、そして未耒さんのエキゾチックな仮面舞踊もお楽しみに(^^)!