ランバンサリ 3月12日の練習


3/12土曜日は、8名と少なめながらも粛々と練習。ブダヤン、グンディン・ボナン、ラドラン、クタワンなど。私はゴング&クンプールを叩きつつ、クト&クンピャン兼任、たまにゲロンなどやりつつ、周りの音を聞いていました。手数が少ない楽器では周りをゆっくりと聴くことができ、大変気持ち良いと同時に、普段と違った聴き方を見つけられることがあります。今日の練習では、豊穣なイメージのガムランの中にある「枯れた音」的な渋い響きをサロンの残響のなかに聴きました。こういうのも良いものです。(F)