7/20 スイスイ報告


20日は初夏のガムラン講座最終回とスイスイのドッキング練習でした。Lcr.Kebogiro,Ldr.Wilujengをたっぷりと。参加人数が多くて充実した合奏練習になりました。それにしても皆さん熱心です。初心者のSNTUさんも果敢にランチャランのサロンやクノン、ゴングに挑戦しました。Wilujengのようなしっとりした曲も落ち着いて気持ちよいイラマ(テンポ)になってきています。ガムランはゆっくりの曲の方が難しいですね、不思議です。だからこそみんなで落ち着いて演奏できると何とも言えない心地よい演奏になりますね。来年春には発表会を予定してます。皆さんの晴れ姿、今から楽しみです(^ ^)(な)